小堀遠州作の大池寺・蓬莱庭園と白洲正子が愛した甲賀

5月9日(木)
大人ひとり 1万3900円

こちらは、 随筆家・白洲正子が愛した滋賀県甲賀の「かくれ里」と、江戸初期の茶人で造園家の小堀遠州が手掛けた伝わる大池寺の蓬莱庭園を訪ねるプラン。
「かくれ里」は、春の特別拝観で秘仏の十一面観音坐像(ざぞう)が公開される櫟野寺(らくやじ)と、“甲賀の総社”と呼ばれる油日神社に足を運び、さまざまな古文書や甲冑(かっちゅう)、刀剣などが展示されている甲賀歴史民俗資料館にも立ち寄ります。
蓬莱庭園は、サツキの大刈り込みが見事な枯山水。大海原に浮かぶ宝船を模した庭園は、見る者を圧倒するほどのインパクトがあります。昼食は甲賀市内で和膳を予定しています。

【出発日】5月9日(木)
【旅行代金】1万3900円 ※バス代、拝観料、現地ガイド代、昼食代含む
【最少催行人員】20人
【スケジュール】JR和歌山駅東口午前8時半出発→大池寺→甲賀市内(昼食)→櫟野寺→油日神社→甲賀歴史民族資料館→JR和歌山駅東口午後6時45分ごろ着 ※添乗員同行

※写真詳細
(上)櫟野寺十一面観音坐像(撮影=藤原弘正)
(下)大池寺の蓬莱庭園

■申し込み・問い合わせ

電話 0120-256-845
問い合わせ先 旅行企画・実施:アローズ JATA正会員
住所 京都市中京区泉正寺町334日昇ビル3階(京都府知事登録旅行業第2-560号)
営業時間 午前10時~午後5時半
休日 土・日・祝日

※詳しい内容・旅行条件はパンフレットなどをご確認ください